素直な心でお客様と向き合っていける。「私は私のままでいい」と教えてもらったから。

ビューティプロフェッショナル
2015年入社/文学部卒
家近葵

常に新鮮な気持ちで新しいことに挑戦できる。
この繰り返しが、私を磨いてくれるのだと思う。

人に喜びや幸せを提供し、人から必要とされる人になりたい。これが就職活動を進めるにあたり、私が大切にした想いでした。そして就職活動を通じ、世の中には人に喜びを与える仕事がたくさんあることを知りましたが、一方で提供できる幸せな時間は、意外と短いのかもしれないと考えるようにもなりました。そんな時出会ったのが、ミス・パリ・グループでした。確かな理論と技術に基づく一流のサービスを、継続的に提供し続けることで、お客様の人生に寄り添い、変えていくことができます。この事実が、私の心に生じたわだかまりを払拭してくれました。さらに入社して感じたのは、自分のための努力より、誰かのための努力のほうが本気で頑張れるし、楽しいということ。なぜなら、その努力の先には必ず喜んでくれる人がいるから。そして、お客様一人ひとりに合わせた技術を提供するための日々の勉強では、常に新しい発見があります。だから私たちは新鮮な気持ちで様々なことに挑戦でき、この繰り返しが自分を磨いていくのだと実感しています。

お客様からも信頼を寄せられるようになった。
生まれた自信が心の余裕、私の優しさに。

私はどちらかというと口数が少なく、おとなしい性格だと思います。この仕事に就き、自分でも直したいと心がけましたが、ある時から「私は私」と考えるようになりました。口数が少ない分、聞き役に徹すればいいのだし、おとなしい反面、私には努力を積み上げる粘り強さがあります。お客様と向き合う時も、じっとお話に耳を傾け、表情や感想といった主観的な判断だけでなく、施術前後の数値の違いを分析し、私のできることを全力で行っています。とくにお客様に生じた変化をきちんと説明できるようになったことで、お客様からも信頼され、それが自信となって私の心に余裕をもたらしています。こうした心境の変化や行動はプライベートにも現れ、友人たちからも「優しくなったね」と言われます。でも、これは自分だけの成果でないことを、私は知っています。「あなたは、あなたのままでいいのよ」。私の背中を絶えず見守り続けてくれる先輩たちが、そう気配で語りかけてくれるから、私はこれからも素直な心でお客様と向き合っていけるのです。

1日のスケジュール
10:00
出勤したら、まずは店内掃除を完璧に。その後、身だしなみを整えて、予定表をチェック。1日の流れを確認したところで、全員集まっての朝礼を行い、今日の業務スタート。
11:00
開店。来店されたお客様への施術。施術後はベッドメイクを行い、次にご来店のお客様に備える。
14:00
昼休憩。昼食はお弁当を買って済ませることが多いものの、健康に気を配ることも私たちの仕事。そこで余裕がある時は自宅でお弁当を作って、持参することも。
16:00
既存のお客様へのカウンセリングを行う。客観的な数値に基づき現状をお伝えし、今後の施術内容についての方針をご提案。
19:00
お客様のカルテを記入、整理し、必要事項を社内システムにも入力。さらに明日ご来店予定のお客様に対し、必要な化粧品の準備を整え、退勤。
ページ先頭へ
ENTRY 2017卒